ワゴンRからレパードに買い替え!下取りより買取の方が15万円高かった

18歳で免許を取ってからしばらくは親の車に乗っていて、初めて自分で購入したのがスズキのワゴンRでした。本当はセダンタイプの車が欲しかったのですが、当時は家の駐車スペースに軽自動車しか入らなかった為、主に通勤手段としてワゴンRを購入しました。

ワゴンRを買って3年が経った頃に金銭面にも余裕がでてきて、駐車スペースも確保できそうだったので車を買い換えたいと考えるようになりました。

そんな時にネットで自分が欲しいと思っていた車が走行距離も少なくとてもいい状態で売りに出されているのを発見したので、これを逃したらもう手に入らないかもしれないと思いワゴンRを手放し中古のセダン車購入を決めました。

ワゴンRをなるべく高く売る

ワゴンRはまだ3年しか乗っていないという事もあってなるべく高く売りたいと思い、購入予定のお店の下取り価格とガリバーの買取価格を比較しました。買取業者をガリバーにした理由は実績も多く、最も自宅から近い買取業者だったからです。

当時はどちらかというと下取りに出すのが一般的だったように思いますが、比較しないと相場もわからないと思い両方に査定額を出してもらいました。

その結果下取りよりも買取のほうが15万円程高い価格の提示で、購入予定の下取りなし価格も含め買取のほうが得だったのでガリバーに売る事を決めました。

ガリバーの最初の査定額は60万円でしたが、他の業者でも査定をしてもらっている旨を伝え交渉したところ65万円になったので良かったと思っています。

査定前にやったこと

査定額を少しでも上げようと意識的にした事は徹底した車内清掃で、シミや汚れはマイナスになるのではないかと思い重曹を使って綺麗に落としました。それが影響したのかは分かりませんが、最終的に満足のいく価格で買い取ってもらえたので嬉しく思っています。

日産レパードを購入

ガリバーへの買取が終わってから日産のレパードという車を購入しました。この車は子供の頃から憧れていた車でスタイリングが格好良く細長いライトの作りも好みでした。

私が購入したのは1987年式でかなり古いものでしたが走行距離が2万キロで綺麗にレストアされていたので、見た目も乗り心地も良くパワフルな走りで大満足でした。購入価格は150万円と高いほうですがずっと欲しかった車なので良かったと思っています。

まとめ

結果としてガリバーで売ったのは正解だったと思っていますし、購入した車も中古で見つけた時に保留にしなくて本当に良かったです。レパードにしてからはそれまでよりもドライブに行くようになり快適な走りを楽しんでいました。

投稿日:

フィアット500 by GUCCI をヤフオクで売却してエスクァイアに買い替え

フィアットと出会ったのは、結婚して仕事に行くのに自分の車があればいいなぁと思っていた時に旦那の車の車検の時に行ったお店に置いてあり、一目惚れしてその日にこうにゅしました。

とても気に入っていたのですが、子供ができチャイルドシートをつけなくてはいけなくなり、車体は小さく2ドアだったので不便に感じ乗り換えを決意しました。

売った場所はヤフオク

なるだけ高く売りたかったのですが、左ハンドルだったので、ガリバーなどだと100万円にもならないと言われていましたがヤフオクでは180万円?スタートしてくれて嬉しかったです。ただ、1週間たってもアクセス数が伸びず、少しずつ値段を下げましたがなんとか155万円で売ることができました。

手数料は5万円くらいだったので手元に来たお金は150万円でしたがとても満足しました。しっかり、査定など売るときの手続きなどもしてくれて手数料がとても安くびっくりしましたがとても助かりました。

これからも、家族げ増える事を想定して乗用車ではなくワゴン車がほしかったので頭金は多いに越したことはないのでヤフオクの代行に依頼をしてとても満足しています。

エスクァイアは概ね満足

エスクァイアは価格が350万円でなかなかいいお値段がしましたが、今となっては乗り換えてよかったと心から思います。

やはり2ドアは不便で、ワゴン車はスライドドアなので子供を抱っこしていてもワンタッチで開いてくれるし、チャイルドシートを置いても圧迫感がなく広々と空間を使えます。

子供が2人になればチャイルドシートは、2つ必要だし4人乗りのフィアットには限界があると思うので乗り換えてよかっです。

左ハンドルは売りにくい

今回の車買い替えで学んだ事は、左ハンドルは査定がガクッと下がってしまうというこどがわかりました。逆輸入車だったので日本に3台しかないとプレミアな車でしたが好きな人じゃないと乗らないとゆうのが1つの理由と、メンテナンスができないという理由があるそうです。

ただ、ヤフオクだと高く売れる可能性があるのでプレミアなめのはヤフオクがいいのかもしれませんね。

まとめ

初めての車が逆輸入車の左ハンドルで、ずっーと乗って行くつもりでしたが家族が増えまさかの乗り換えでトヨタのエスクァイアになりましたが、日本にいるなら日本車がやはり1番ですね。

ドライブスルーや発券機から券を取るときなど助手席に誰か座ってないと1度降りないといけなかったのでそれがなくなりとても快適になりました。

投稿日:

愛車のBMWをガリバーで査定したらディーラーより34万円も高い値段が付いた

当時の私は車が好きで車を3台保有しているのですが、人生で一度は乗りたい車がBMWで購入したいと思っている時に新古車でお得な金額で販売していた時がありすかさず購入をして今まで愛用をしていました。

BMWは維持費が高いので売却を検討する

しかし、BMWを愛用をしてから気付いたのですがかなり維持費がかかるのでBMWを持っているだけでどんどんお金が飛んでいく状態が続いていました。

しかも、当時はなにも考えずに購入したのですが愛用していたBMWは2WDで私が住んでいる地域(秋田県)では雪国なので冬は乗る事が出来ないデメリットがありこのまま持ち続けているのは無駄なお金がかかってしまうと判断して6年間保有して売ろうと決断しました。

車を売ろうした場所はBMW専門店でディーラーにお任せしようとしたのですが査定金額が30万円と私の予想を遥かに下回るものでした。

中古車相場でかなり金額が落ちてきているためと説明されましたが30万円という金額はあまりにもひどいと思ったので他の買取屋を探しました。

そこで出会ったのがガリバーです。

ガリバーで査定を受ける

ガリバーで査定依頼をしてみると提示してきた金額が64万円でした。

ディーラーの査定金額と見比べても2倍以上の金額で嬉しい反面、この差はなんだろうとディーラーに対する不信感もありました。

ガリバーに査定金額を高くするための交渉はあまりしませんでしたが、車に装備しているオプションやスタッドレスも全てセットで売りますと伝えたので少しは金額をプラスしてくれたのだと思います。

ガリバーの場合は狙い通りの金額でもあり早めの車の引き上げを希望していたためその日に買取の契約を交わしてきました。

又、褒め過ぎかもしれませんがディーラーの対応に比べてガリバーのスタッフの方の対応力が高くて査定の時間もあまりかからなかったので不満に思う点がひとつも見つかりませんでした。

車の引き上げから書類の手配まで全てガリバーが対応をしてくれるという事でしたので手間をかけずに車を買取して貰えるというのもありましたので金額プラスガリバーの対応で即決させて頂きました。

まとめ

ガリバーにBMWを売って満足を出来たかというと大満足でした。買取をして貰った後にすぐに他のお客様にBMWが売れたそうでその報告までもわざわざ電話で報告してくれたので本当に丁寧な対応だなと感動しました。

そこからなにか気になる中古車があったり私が保有している車を買い替えたり売ろうとする場合はどうなるかをた全てガリバーに相談させて貰っています。ここまで信頼出来る買取屋に出会えた事に感謝です。

投稿日:

アウトランダーPHEVから新型アウトランダーPHEV

私はアウトランダーPHEVを愛用していました。

購入したのは3年前でガソリンと電気を兼ね備えている4WDであることがとても魅力的で一目惚れをするような形で購入をしました。

ただ、購入してから一年半後にまさかのモデルチェンジをした新型アウトランダーPHEVが販売されました。

ダイナミックシールドという新スタイルで燃費性能もグレードアップしたという事でかなりショックを受けていました。

新型アウトランダーに買い替えを検討する

そんな時にお世話になっている三菱のディーラーの営業担当の方に「下取りで高く取るので乗り換えをご検討されてみませんか?」と提案されてかなり損をしてしまうと思いましたが一度買い替えの検討をしてみようと思いました。

今まで愛用していたアウトランダーをそのまま三菱で査定をしてもらいました。予想では200万円後半かなと思っていて提示された査定額が260万円でした。

正直この査定額では新しい新型アウトランダーに乗り換えても損失しか出ないためかなり乗り換えは難しいかなと感じてその旨を伝えました。

しかし、その営業担当の方に少し時間が欲しいと言われてそのまま待っていると新型アウトランダーに乗り換えて貰えるのであれば260万円ではなく290万円で下取りさせて頂きますという事を提案してくれたのです。

私の方から査定額を高くして欲しいとは一言も話していないのに新型アウトランダーに対する執着が強かった事が営業担当の方にも伝わったのかかなり査定金額をアップしてくれました。

買い替えを決断!

それでも乗り換えをして損失をしてしまうという事には変わりは無かったのですが営業担当の方の頑張りに答えたい思いと新型アウトランダーが欲しいという気持ちが固まりました。

他の買取専門店での査定も考えていましたがこれ以上高く下取りしてくれるお店は無いだろうと判断して三菱に車を入庫する事に決めました。

そこから、新型アウトランダーの商談に移りましたがやはり想定していた額よりもかなりオーバーはしてしまいましたがそれなりの価値のある車でもあり、新車の値引きも他の方には提示できないくらいの金額だったのでほとんど即決で決めさせて頂きました。

まとめ

今は新型アウトランダーPHEVに乗る事が出来て快適なカーライフを過ごしています。

あの時、営業担当の方が買い替えのお話をしてくれていなかったら買い替える事は絶対にしてなかったので買い替えをして又、三菱に下取りを入庫して本当に良かったと思っております。

とても高い買い物にはなってしまいましたがもちろん後悔はしていません。

投稿日:

日本でスバルインプレッサを売却してアメリカでホンダフィット購入

私も主人も結婚した時は車を持っていませんでした。結婚して住み始めた場所はバスや電車の駅から近く、近くにスーパーがあって買い物も便利で、通勤は私はバス、主人は自転車だったので車が必要というわけではありませんでした。

また私自身、学生時代に免許を取ってからはずっとペーパードライバーだったため、車を運転するつもりもありませんでした。

スバルインプレッサを購入

主人はどうしても車を所有したいという強い希望を持っており、住んでいたアパートが車を持っていなくても必ず駐車スペースを借りなければならなかったので、持っていて損はないだろうということで車を購入することにしました。

車は主人の希望でスバルのインプレッサの新古車を購入しました。140万円だったのですが、お互いの貯金から70万円ずつ出し合って購入しました。

しかし平日は車に乗る機会がほとんどなく、週末に主人の運転であえて少し遠いスーパーに買い物に出かけるくらいでした。車が役に立った機会と言えば、お盆とお正月に主人の実家に帰省した時くらいです。

結婚して2年でアメリカに転勤

結婚して2年たったとき、主人がアメリカに転勤することになりました。私も仕事を辞めてついていくことにしたのですが、車をどうするか悩みました。

2年の滞在予定ではあったのですが、2年で日本に戻って来れるという保証はないし、近くに親や親戚がいなかったため車を維持してもらえる人がいないため、売却することに決めました。中古車店で見積もりをしてもらったのですが、50万円でした。

しかし、知り合いが就職のために引っ越しをする予定で頻繁に実家に帰るために車を探しているということだったので、その知り合いに売却することにしました。値段の交渉をしたところ70万で成立しました。

もともと140万円で購入し、ほとんど乗る機会がなかったのでもったいないとは思いましたが、半額の70万円で買い取ってもらうだけ良かったと思うしかありません。

また中古車店に売却して知らない人が乗るよりも、知り合いに乗ってもらう方が嬉しいし、アメリカでは車がないと生活してくことが難しいため、車を買う資金も必要だったため、70万円で買い取ってもらえてよかったのかもしれません。

アメリカでホンダフィットを購入

アメリカに住み始めてすぐに車を買いました。ちょうど70万円でホンダのフィットを買うことができましたが、年式が古く、走行距離もかなり長く、それほど良い車ではありませんでした。

そしてちょうど2年後に日本に帰ることが決まり、現地の中古車店にフィットを売却しました。70万円で購入して2年所有した車が23万円という安い金額になってしまいましたが、日本に帰ることになったため仕方がありません。

もともと140万円で購入したインプレッサを70万円で知り合いに売却、70万円で購入したフィットが23万円で売却して、私たちは引っ越しの度に車を売却してかなり損をしているような気はしますが…。

投稿日: